プロテインの定番!
ゴールドスタンダードってなに?

プロテインの定番!ゴールドスタンダードってなに?

ゴールドスタンダードは、北米、ヨーロッパ、オーストラリア等、主要20カ国以上でシェア1位、Optimum Nutrition(オプチマムニュートリション)のプロテインブランドです。
筋トレやエクササイズをしている人で、知らなきゃモグリですwww。

おそらく世界一人気があるプロテインですよね。

もう、アメリカでプロテインと言ったらゴールドスタンダードっていうぐらいのトップブランドです。筋トレ始めたらまず何の知識もなくても最初に手に取るプロテイン、日本でいえばザバスのような存在ですかね。
いやいや、世界シェアを考えるともっとすごいかもwww。
プロテイン選びに迷ったら、とりあえずゴールドスタンダードを選んどけば安心というぐらい、定番でポピュラーな存在になってます。トレーニングを続けていけば、いずれプロテインは海外製に行き着くとまで言われているので、知らなきゃ逆に損してますよwww。

  • 安全性が高く高品質なホエイプロテインを使用
  • WPI・WPC・WPHなど、高配合のたんぱく質量
  • 筋トレの効果を補助するグルタミン、BCAAも配合
  • 味の評判の良さ、種類の豊富さで定評
  • 国内メーカーに比べコストパフォーマンスの良さが光る

ザッと人気の理由を並べてみると、こんなところです。
まあ、高品質で安いというのが人気の理由というのもよく分かるんですが、これだけだと他のプロテインだって同じようなことが言えなくもないってところですよね。

プロテインを使い倒してきたマニアの意見としては、バランスの良さってところが最大のポイントのような気がしています。
プロテインって、同じようでいて実は結構目的別に枝分かれしてるんですよ。
ホエイペプチドとクレアチン配合でたんぱく質配合量以上の筋肉がつくバリバリのスーパーヘビー級ゴリマッチョ用プロテインとか、減量目的で細マッチョを作るプロテインとか、糖質炭水化物をあえて多く含んだ増量タイプとか、結構様々。その中でもさらに枝分かれしているんですが、ちょうどいいさじ加減でマルチパーパスな位置取りをしているのが一般的にメーカーの顔として販売されているプロテインです。この位置取りのさじ加減が、ゴールドスタンダードって、絶妙な感じがしています。さすがGoldStanderd(黄金律)というだけありますwww。アメリカ人が一番好みそうなソフトマッチョ志向というか、よほど極端な方向性でなければ初心者から上級者まで充分満足できるプロテインのパッケージングが実にうまい!という感じです。
ほぼこれだけでプロテイン周りはOKですよwww。

【国内正規品】Gold Standard 2.27kg(5lb) 【ミルクチョコレート】

ゴールドスタンダードが定番と言われる理由 >>

なぜ今プロテインなのか?

なぜ今プロテインなのか?

健康のためのフィットネスブームがかなり定着してきた影響で、体を作ったりキープするための栄養素やプロテインというのもかなり一般的に浸透してきました。
運動後の筋肉ケアと筋肉量のキープのためにプロテインを飲んでいるっていう人も少なくないと思います。

ひたすら運動して食べないというダイエットから、三大栄養素のたんぱく質、脂質、炭水化物のバランス重視に変わってきたことは喜ばしいことですよね。最近ではコンビニでも普通にプロテイン加工食品を見るようになったのでずいぶんポピュラーになったもんですwww。

ただそうはいっても、たんぱく質を目的別に、しかも日常的に摂取するっていうのは、やっぱり難しい。そう、そんな時こそプロテインだよねwww。「あ、今日はちょっとタンパク質が不足してるな」というときに手軽にささっと摂取できるのがポイント。しかも何g摂取できるか明確なのもいい。
さらに筋トレ後のタンパク質の摂取が簡単で筋肉にも嬉しい。しかも脂質と糖質をほとんど含んでないので、糖質制限中にも最適です。

いまさらですが、プロテインっていうのは、たんぱく質の英語読みなだけですからねwww。
一般的なプロテインはホエイプロテイン、カゼインプロテイン、ソイプロテインなどいろんな種類がありますが、おすすめはホエイプロテインです。ホエイプロテインは吸収が早く、一番人気のプロテインの種類で、ゴールドスタンダードもこのホエイプロテインです。

WPC (ホエイプロテインコンセントレート)
乳清をマイクロフィルター法という特有の処理方法を用いてろ過したもの。微細な穴がある膜を通してのろ過が行われるため、牛乳の栄養素を多く残すことができるのが特徴。ホエイプロテインの中では最も低価格で人気も高い。乳糖(ラクトース)も含まれる。

WPI (ホエイプロテインアイソレート)
WPCよりも多くの乳糖、脂質を取り除くウルトラフィルター法で加工処理されたホエイプロテインです。たんぱく質の純度が高く、吸収速度も速いが値段も高価。乳糖(ラクトース)が取り除かれてます。

WPH (加水分解ホエイプロテイン)
WPIのたんぱく質を酵素によって一部、より細かいペプチドとアミノ酸に半分解したプロテインです。本来胃腸で行われる分解ろ過加工を行うことによって恐ろしいほど吸収速度が速くなりますが、恐ろしいほど一番高価になります。

ゴールドスタンダードはWPIをベースにWPCとWPHを配合したブレンドタイプです。
私はプロテインを飲みすぎるとお腹を下してしまうタイプですが、ゴールドスタンダードは全然平気でした。おそらくWPIがほとんどでちょびっとWPCが混ぜてあるっていう感じなんじゃないでしょうかね?
たんぱく質補給にはプロテイン、おすすめです。

筋トレにプロテインが必要な理由は?

プロテインとは?筋トレにプロテインが必要な理由

プロテインなんて飲まないで赤身の肉を食え!
なんて時代錯誤な言い方をする人もいますが、意外とトレーニング初心者向けには理にかなってたりもしますwww。まあ、すぐにプロテインの方が効率的になってくるんですけどね。

ご存知の通り、筋肉はたんぱく質で出来てます。たんぱく質が不足してしまうと、トレーニングしていても筋肉が大きく育たなかったり、逆に筋肉が痩せてしまったりします。
では、どのぐらいのたんぱく質量が必要かというと、

一日の必要たんぱく質量 = 体重 × 2g
トレーニング量にもよって1.5g~2.5gまで本当は差があるんですが、平均するとこのぐらいは必要です。
例えば私は体重75kgなので、単純に一日150gが必要量。
これを牛の赤身の肉で換算すると、およそ100g当たり20gのたんぱく質量なので、750gの赤身肉を食べないといけない計算になります。750g、マジか!ってぐらいの量ですよwww。スーパーのパック肉が300g入りぐらいなので、毎日2パック半食べることになります。正直かなりきついですwww。
これ、いくら赤身肉だっていったって、脂肪や糖質もかなり入ってます。これだけ食べれば、ハッキリ言ってオーバーカロリー、かなり太りますよwww。肉、魚、卵、大豆食品、乳製品などにたんぱく質は多く含まれていますが、普段の食事からバランスよく摂取するのは、かなり大変です。彼女や奥さんなんかに丸投げしたら確実に関係にヒビが入りますwww。
家内安全のためにも、プロテイン、上手に使った方がいいですよwww。

ダイエットでのたんぱく質不足を補える!

ダイエットでのたんぱく質不足を補える!

女性のダイエットに多い体脂肪と一緒に筋肉までガリガリ削るような減量法というのはもう流行んないんですが、やっぱり結果としてやってる人多いんですよね。食事をカットして筋肉まで減らしてしまうので、リバウンドして結局脂肪量が増加してしまう。

マクロ栄養素から見る三大栄養素の、たんぱく質、脂質、炭水化物の摂取量バランスと1日の基礎代謝量の80%に抑える食事がダイエットの基本の考え方。ダイエットでは、たんぱく質の量を多くして炭水化物を減らすということもあるので、手軽に取れて計算もしやすいプロテインは、ダイエットでもかなり重宝する存在です。

とにかく脂肪を落としても筋肉量は減らさないというのが重要です。
プロテインは、そういう意味でもかなり応用が利きますよ。

ゴールドスタンダードの買い方

ゴールドスタンダードは日本正規版があるので、意外と手に入りやすいプロテインでもあります。また、さすがに世界シェア1位だけあって、米国オリジナル版も結構な確率で手に入るのも確かです。どちらもショップなんかでも手に入るんですが、やっぱり高いwww。
店舗で買うなら私が今まで一番安く買えたのはコストコですかね。
ただしやっぱり通販なんかと比べると、ちょっと割高ですが、今すぐ手に入れたいって時には便利ですね。

基本的にはamazonかiHerbで買うのが安くて確実です。
どっちがいいかは微妙なんだけどね。
amazonは国内正規版も米国オリジナル版も両方売ってますが、味やサイズのバリエーションはあまりないです。iHerbは米国版しかないですが、バリエーションは豊富といった感じ。
値段は数百円の違いで微妙ですね。
どちらか自分にとって使い勝手のいいサイトで選んでしまって大丈夫だと思いますよ。

ゴールドスタンダードを買うならどこがいい? コストコ?amazon?iHerb? >>

▲TOPへ
▲TOPへ

▲TOPへ

Copyright (C) ゴールドスタンダード Fan♪ All Rights